スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たに顎骨壊死の疑い〜後編〜

ここ最近も相変わらずバタバタ続きでしたが、
先週は親愛なるMチンが遊びに来てくれたおかげで
家族共々とても楽しい時間が過ごせまして、

さらに週末、親愛なるRAS DAJI氏率いる
BRIMSTONE AND FIRE SOUNDを応援すべく、
猛烈久しぶりに横浜某所の地下に単独潜入…!(大感激☆)



20170614123632445.jpg
「激震の七夕祭り(夢みたいでした✨)」



懐かしい笑顔と心地よい音圧に酔い痺れたまま、
さらに後日は音出し9周年のお祝いをしに
家族総出で某キャンプ場へ…(ボウの出番も有)

音圧を感じる素晴らしい各種パーティーに、
まだまだ魂がおいてきぼりですが、

携帯は不携帯で、Wi-Fiも届かないことが多く、
またしても更新が遅くなって大変申し訳ありません。

今日は前回からの続きになります。
「顎骨壊死」が気になる方もそうでない方も
お茶でも飲みつつ、ごゆっくりどうぞ。


↓前編はこちらから↓
新たに顎骨壊死の疑い〜前編〜





2016090111404884b.jpg




複雑な思いで放射線科の受付に足を運ぶと、
検査室前は予想以上の混みっぷり…

…待ちぼうけて、ゆらゆらと舟を漕ぐ周囲の患者達に
つられて、思わずウトウトしはじめたあたりで
唐突に自分の番号が呼ばれました(驚)←待合あるある

歯(頭部)CT検査は過去にも経験があったうえに
今回は造影剤もなしとのことだったでので、
待ち時間と反して検査は数分で終了(あっという間)

そのままレントゲン撮影に向かうと、検査室前の
長椅子には誰も座っておらず、閑古鳥が鳴く前に
撮影が終わりました(再・あっという間)


…朝から夢中で検査まで終えたけれど、
気がつけばもうこんな時間ではないか!
(すでに1時はまわっていた)

いよいよお腹が空いてきた私は、病院内に
新規オープンした売店を軽く偵察・物色し、

終わったら何を食べようかしら?
暑い日はさっぱりがいいね、とのんきに
脳内会議をしながら、再び歯科へ足を運びました。




14684626100.jpeg




歯科の受付に再びファイルを提出し、
ふと掲示板に貼られた新聞に目をやると、

むむ?
なんか見覚えのある顔…
(夢かしら?)

不思議に思い、その記事に
ゆっくりと目を通して見ると、

なんてことはない、午前中に歯科で診察をして
くださった(颯爽として俊敏な方の)メガネドクター
「Y先生」が新聞に載っていたのでした。

記事から唾液の大切さを学び、Y先生の
名前を頭にインプットしたところで
いよいよ自分の番号が呼ばれました…


※※閲覧注意※※
ここから実録レポのため、多少モヤモヤ気分が
感染するやもしれません(私の本音も含む)
もし気分を害する方がいましたらごめんなさい(※)


再び歯科に戻ると、あれだけ時間を割いてくれた
メガネドクターの姿はなく、椅子に座ってしばし待つと
背後から颯爽と若い女性ドクターが現れた。

彼女は問診票に目を通しながら、手慣れた手つきで
パソコンを操作し、「もう結果出てますね」と
出来立てホヤホヤのCT画像を画面に小さく開いた。


(以後、会話が続く)

ド「検査は混んでましたか?」

猫「はい…(待ち疲れました)」

ド「…そうですか、大変でしたね。
ここは初めてですか?」
(えっ?また初めから?!)

猫「いや、あの、2年前にこちらで
まとめて抜歯したんですけど、奥歯の
あたりから最近なんか出てきて…」

ド「あーー、ちょっとお待ちください」
(CT画像を大きく開くも、説明なし)

ド「今、痛むんですよね?」
(↑どこにも書いてない)

猫「いや、痛くもかゆくもありませんけど
異常があれば、と…」(やや困惑顔)

ド「痛みはないんですか…
家は遠い?ここへ通えますか?」

猫「えっと…(汗)今も外科に毎月通ってます」

ド「経過観察?治療は終わってるんですよね?
あっ、まだホルモン治療中かな、薬をもらいに?」

猫「いやあの、まだゾメタとかも打ってます…」
(あぁ、どこから説明すればいいんだろう)

ド「ちょっとお待ちください」
(問診票を片手に席をたつ女性ドクター)


ーーここで少し間が空くーー



20160928235054f6b.jpg




ついたての向こうの会話がこちらにも筒抜けで、
女性ドクターから声をかけられたドクターが
今はそれどころじゃない、と言っているのが聞こえた。

さらにしばらく待つと、少しぽっちゃりして
どことなく愛嬌のある男性ドクターが新たに
背後から登場し、問診票に目を向けていた。

「うーん、きっとこれは骨でしょう。
痛みはないけど症状あり、レベル2だと思います」
(Y先生もそうおっしゃっていました)

「レベル1は症状なしの潜伏期間、レベル3は腫れたり
痛んだり、酷くなると顎がバコッと取れちゃうんですよ、
アッハッハ!」(いや、笑いごとじゃないです)

「まぁ今はどうすることもないですね、
このまま様子見ということで…(えぇーー!!)

…次は1ヶ月後、いや2ヶ月後でもいいかな?
次の眼科の診察日と日にちを合わせておきますね」
(ほんとにそれで大丈夫なのーー?!)


ぽっちゃりドクターはニコニコしながら、Y先生と
同じような話をリピートし、お引き取りくださいと
言わんばかりに、予約表とブルーファイルを私に手渡した。

問診票をざっと見ただけで、画面に映し出された
画像などにじっくりと目を向けることはなく、
検査結果の説明もろくにされなかったうえ、

これといって主治医O先生の指示をあおぐこともなく、
(症状があるのに)このまま様子見で、と言われた私は
それまでのモヤモヤがすっかりピークに達していた(怒)

怒ったって仕方ない、とモヤモヤを鎮めていると
今度はどうしようもない不安にかられ、

それからの時間はなるべくスマホの画面を
眺めて気をそらすようにしていたのだが、
帰宅する時の足取りは鉛のように重かった。

以前、肋骨骨折した時に整形外科で、そして左目の
網膜剥離の時に眼科で、「癌は専門外なので…」と遠回しに
たらい回されたことがあったが(→行き着く先は放射線科)

今回の歯科の雰囲気もなんとなくその時に似ていて、
専門外でははっきりわからないんだろう、と
私はなんともいえない気持ちになっていた。


もしかしたら、悪化するまで
「様子見」が続く…?

頼もしかったメガネドクター「Y先生」は
あれから何処へ消えたんだろう…?

上顎が取れるっていったい
どういう状態なのかな…?

顎が取れる…?

顎が…?
(こ、怖すぎる!!!)



〜モヤモヤレポ、おしまい〜




20161108163621da3.jpeg




重い足取りはエンドキサンの副作用か?
その後、帰宅してからも気分はすぐれず、
なかなか元気が戻りませんでしたが、

ちょうどそのタイミングで、主治医O先生から
心あたたまる電話が…!(冒頭に戻る)
※エンドキサン終了のお知らせ

ここぞとばかりに歯科での状況を説明し、
助けてください、と泣きを入れてみたところ、

「それ、本当ですか?!」と
逆にO先生が驚いておりました。


猫「最初から入れ替わり立ち替わりで
誰が担当だったのかわからないですけど、
最終的に様子見で、と言われました。

Y先生は検査次第で処置していきましょうと
言っていましたが、検査後にはいなくなってて…」

O「あー、そうだったんですね、でも舌で触って
確認できるぐらい症状は出てるんですよね?」

猫「はい、今は痛くも痒くもありませんが、
このまま待っているのも少し怖いです…
(医療麻薬も毎日常用しているし)」

O「そうですよね、わかりました。
もうすぐゾメタも終了するし(満期)
できることなら処置していきたいですよね。

また来週の診察でまた話をすすめましょう、
なんかいろいろとすみません」←いつも謙虚

ーー命のホットライン完ーー



…こうして、理解あるO先生の心あたたまる
電話連絡のおかげで多少ホッとできたものの、

その後、顎骨壊死について調査を進めてみると
やはりゾメタの副作用の説明がチラホラ…

さらによく読み進めてみると、嘘か誠か
「上顎にできるのは稀」
とも説明があり、
患部が左上奥歯あたりの私は再び混乱しておりました。



ーー猫耳の個人的な見解ーー


201706261057560b8.jpg



・「骨」といわれた箇所を舌で触ってみると、
歯が生える時のように少し歯茎が出っぱっている
(ライン的に顎の骨という気がしない)

・歯科にて検査結果の詳しい説明がなく、通常行う
レントゲン等もなかったため、目視確認はできず
(肋骨骨折の際の整形外科を思い出しました)

・ゾメタの副作用で顎骨壊死の説明はされたが、
はっきりとそれだとは告げられていない
(実際は「骨だと思う」といった意見しか聞いていない)

・希望的観測に基づき、以前の抜歯の残りが少しずつ
出てきているのではないかと推測(だったらいいな♪)


…そんなわけで、実はまだまだ半信半疑なのですが、
もし本当に顎骨壊死ならば(上顎は稀!)できる限り
早めに処置をして、再び安心を手にしたいものです。

そうこうしているうちに、明日は
外科の定期診察 & 定期治療が…!

治療経過も随時報告していきますので、
顎骨壊死の行方が気になる方は、思い出した頃に
また当ブログをチェックしてみてください(かしこ)

いつも長文&不定期ですみません。
気がつけば庭もすっかり夏模様ですが、
(畑に実るキュウリとトマト)

皆さまもまめに水分を摂りつつ、
まめに休憩をはさみつつ、今週も
ぼちぼちとマイペースでまいりましょう。

今日も元気をありがとう✡️

スポンサーサイト

新たに顎骨壊死の疑い〜前編〜

20160926120249f88.jpg




主治医のO先生から連絡をいただきまして、
いよいよ先日からエンドキサンを
飲まなくて良くなりました!(ィヤッホーィ♪)

愚痴ってもしょうがない、とここ最近は
あまり多くは語りませんでしたが(記録はどうした?)

手足のしびれ(バネ指)、次々に剥がれそうな爪(テープ必須)
時折おこる頭痛、軽い吐き気(←生ものは嘔吐必須)など、

地味につらい症状が少しずつ増えてきて、地味に
悲鳴をあげる回数も少しずつ増えてきていたのです…

…が、エンドキサンが終わったら、
きっと白血球も元に戻って、ここ最近
悩まされている各種症状も良くなるはず!!

そして、きっとこれ以上
具合が悪くはならないだろう…

ありがとう、神様仏様お医者さま
ありがとう、読者の皆さま…

そんなわけで予定通り、エンドキサンを
4ヶ月投与して体は完全に閉経いたしました。
(さようなら、女性らしさ)

ノルバデックスは耐性がついてしまったけれど、
閉経後の治療薬ならまだいくつも残っております◎

現在服用しているフェマーラにも大きな
期待をこめつつ、これからのホルモン治療も
すんなりと体に馴染めば幸いです(大感謝)



20170227122405f39.jpg




一難去ってまた一難!

話は戻りますが、O先生から電話のあった日に
私は朝から大学病院内の歯科に足を運んでおりました。

というのも、歯はないはずの歯茎から
少しずつ親知らずみたいなものが
生えてきたからです(えぇーー!)

思い起こせば2年前の初夏、検査結果から
背骨にも転移していることが判明して、さっそく
ゾメタ治療もはじめることになりましたが、

副作用の「顎骨壊死」を未然に防ぐべく、
院内の歯科にて短期間にまとめて
ゴッソリと抜歯をしておりました。

この時に上下両側の奥歯は
ほとんどない状態になりましたが、

同胞の歯なしスキンズのチキト氏から、
「歯茎を歯にせよ」と、なんとも
たくましいアドバイスをいただきまして(笑)

その後も入れ歯や差し歯も入れていない
まっさらな状態が続いていたのです。


ところが半年ぐらい前から、
左上の奥歯(のあった)あたりから
少しずつ「親知らず」みたいなものが…!

これは歯石というやつかな?
それとも抜歯した歯の残りかな?

…!!!
まさかここにも腫瘍が?!

脳内会議の内容があまりにも恐ろしくなった私は、
前回の診察時に主治医O先生にそれとなく相談し、
さっそく歯科の紹介状を出していただきました。



14810867390.jpeg



2年前も歯科に通ったっけなぁ、
時が経つのは早いなぁ、と少しだけ
懐かしい気分にもなりましたが(センチメンタル)

当時、抜歯をしてくれていた
あのドクターの姿はすでに見当たらず…

再び初診に戻った私は(初心に帰って)
問診票に目を通していたメガネのドクターに
それまでの経緯を丁寧に説明いたしました。

メガネの男性ドクターは打ち込み(画面)に集中し、
「それでは実際に見てみましょう」と
ややおぼつかない手つきで患部を診察し、

「それでは写真を撮りましょう」と
自らカメラを首に下げ、ゆっくりと
写真を撮る準備をはじめました。

マウスピースで大きく口を拡げると、
狙いを定めた白衣のカメラマンは、執拗に
何度も何度もシャッターを切りましたが、

長びく撮影を割って入るように、違う
メガネの男性ドクターが颯爽と登場!

それまでの空気と打って変わって
手慣れた手つきで患部を診察し、
鋭い目つきでカルテを読みながら、

「これはきっと骨だと思う。今はレベル2
(痛みはないけど症状あり)ぐらいかな?
※レベル1は症状なしの潜伏期間

まずはCTとレントゲン撮って、結果次第で
あとは主治医のO先生と相談しながら
処置をすすめていきましょう」

俊敏なY先生はそう言った後、ゾメタの
副作用や顎骨壊死の治療説明を簡単にして
再びどこかに去っていきました(頼もしい)

残されたメガネドクターが、迅速に予約を
取りつけてくださったおかげで、その後
すぐに検査を受けられることになりましたが、

今はもういない抜歯担当だったドクターが
「顎骨壊死になるのは珍しい」と言っていた2年前の
夏を思い出しつつ、私は放射線部に足を運びました。

〜後半に続く〜


今日も元気をありがとう✡️


実録!ユダキンTV

2017062612073555e.jpg
「マツコさんから影響を受けました」




時代の波に乗るべくして、いよいよ
我が家に「Apple TV」が届きました。

我が家のこれまでのテレビ事情は、
液晶モニターにPCを接続して、気まぐれに
ネット動画を見る程度だったのですが、

ここ最近の暑さの影響か?

はりきっていたPCが突然仕事を投げ出し、
(Windowsらしく)青い画面につらつらとカタコトの
悲鳴をあげるようになったのです…(キャーーッ)

iPadがあるからいいや、とその件については
さほど気にしておりませんでしたが、
(涼しくなれば治るだろうと)

とある日、我が家の財務大臣でもあるボウが
ネットにて「Apple TV」なるものを発見!

iPhoneやiPadなどのApple製品が増えつつある
我が家にはApple TVがちょうどいいだろう、と
安易な気持ちで即決しておりましたが、

果たしてテレビはどうやって見るんだろう?
そして音量はどうやって下げるんだろう?

先日無事に設置しましたが、実はまだ
きちんと使えておりません…(おぉ、Siriよ!)



20170626104740852.jpg
「りんごは使ってみないとわかりません」




スクリーンセーバーが鮮明な
我が家のりんごテレビはさておき、
(リモコンをiPadに持ち替えつつ)

あまり大きな声では言えませんが、
ここ最近、家事のお供にこっそりと
YouTuberの配信なぞを拝見しております◎

多くの配信者の中から、のんきで愉快な
YouTuberを探し出し、ふざけた動画に
ひとたび目を向けてみると、

バ、バカすぎる…!
(そして面白い!)

笑いも元気の源となりうりますので、
こうしたおふざけYouTuberからも
たびたび元気を頂いておりますが(感謝)

今や子供にも夢を与えるYouTuberから
さらなる元気と夢をあやかりたい…!

そして彼らと同じように、
私も元気と夢を放出したい…!
(もしできることならば)



20170626113453b04.jpg



巷で人気のYouTuberの中には、
◯◯キン、◯◯キンと、名前に「キン」がつく
配信者もチラホラとお見かけしますが、

名は体を表すことから(?)
彼らはきっと人気だけでなく、
お金持ちにもなることでしょう…

…ムッ、そうだ!

私も金運アップを祈願すべく、番組の
タイトルに「キン」を入れてみよう!


そんなわけで(筆を置きつつ)

日常的な「油断は禁物」トピックを
真摯に取り上げた「ユダキンTV」
勢いで今日だけスタートいたしました♪

世の中のありとあらゆる「油断」に目を光らせ、
数多くの中から厳選された実録油断トピックを
(自宅の)特設スタジオからゆるーくお届け!

「実録!ユダキンTV」
今週もぼちぼちとまいりまSHOW☆

「…ユダキンッ!」
(ダミ声のタイトルコール)

ーーコーラス流れるーー
(以後イメージ配信にて)





ユダキンファイルNo.1
「もう、間に合わない」

(投稿者/猫耳さん/40代主婦)


201706261057560b8.jpg



油断していたんです…

先週のことですが、病院へ通院した帰宅途中、
汗が吹き出るほど急いでいた私は、

あわてているのがバレぬよう冷静を装いながら、
ウォーキングもしくは犬の散歩ぐらいの速度で
懸命に歩き続けました(The 真顔)

玄関の鍵を開けて、
荷物を置いて、靴を脱ぎ…
(ここまではよかった)

さて、あがろうとしたその瞬間、
夕飯を食べ終えてご機嫌になった
「アイツ」が猛ダッシュで登場…!

さらに抱っこをしろといわんばかりに
満面の笑みで両手を伸ばし、あわてていた
私の前に大きく立ちはだかったのです!!



20170614161657de6.jpg
「またしても…!!(無念)」



↓暴君ガブリエルが登場する過去記事↓
どうしたら良いでしょうか
※問題はなにも解決していません(6/26現在)




実は病院の帰り道、バスに揺られながら
少しずつトイレに行きたくなった私は、

きっと自宅まで我慢できるだろう、と
スマホをいじったり、音楽を聴いたりして
必死に気をそらしておりました(先人の知恵)

しかし予想と反して、すでに
自宅の手前あたりで限界ギリギリに!

あせった私は足を速め、意識のすべてを
トイレに集中させましたが(feat. 油汗)

小走りで玄関に向かう自分の動きが
なんだかあわてたオカマみたいに思えて
思わず笑ってしまいました(※油断ポイント)

そしてようやく自宅玄関まで
たどり着いたところで、冒頭の
「思いがけないアクシデント」が!!!

…そうです、皆さまもお察しの通り、
少しだけトイレが間に合いませんでした(涙


しかしながら!!!
(濡れたズボンを洗いつつ)

冷静にふり返ってみても
私の行動にぬかりはなく、
(玄関前でズボンのボタンを外したり)

あのアクシデントさえなかったら、タイムラグ的にも
きっと間に合っていた、と今でも私は思うのです。

やはり油断したのがいけなかったと
いまだ検討違いな反省をしております…

「もう、間に合わない」/完


ーーコーラス流れるーー



20160916145156274.jpg




…といったわけで、
(本日の洗濯も終わりました)

先週の血液検査の結果次第で(女性ホルモンの有無)
現在服用しているエンドキサンが終了予定なのですが、
5日経った今もそれらしい連絡はありません。

もしかしたら、ゾラデックスを絶った今も
女性ホルモンが残っていて、まだこれからも
エンドキサンの服用が続くのやも?

ということは、白血球減少も
今しばらく続くということ…
(ケガや虫刺されに注意)

「取らぬ狸の皮算用」もとい「河童の川流れ」
=「油断は禁物(ユダキン!)」

山奥の仮スタジオから時折、私を呼ぶ声が
聞こえるような気がいたしますが、
(それはきっとスピーカーの音圧)

目先の話に夢中になって気ばかりが焦らぬよう、
日々あわてずに精進したいと思います。

さらに困難なことにはゆっくりと時間をかけ、
ひとつひとつ確実にこなしていけたら幸いです。
(by 自宅警備員)

皆さまもあわてずにぼちぼちと、
今週も盛り上がってまいりまSHOW☆

今日も元気をありがとう✡️


ユダキンTV☆チャンネル登録はこちらから☆

しびれにしびれを切らして

ホルモン治療でおなじみの
ノルバデックスとゾラデックス
=通称「Wデックス」(命名/猫耳)

こちらの治療を開始してから約一年半、
治療経過はぼちぼちと良好でしたが、

Wデックスの効果が頭打ちになったのか?
ある時から腫瘍マーカー値の上昇が止まらず、

いよいよ今年の2月から、ホルモン治療の
第2部がスタートいたしました(あっという間)


〜〜〜ホルモン治療・第2部の内容〜〜〜

・抗がん剤「エンドキサン」で完全な閉経状態へ
(それまでゾラデックス注射も継続)

・ホルモン薬はノルバデックスからフェマーラへ
(閉経前の薬→閉経後の薬へ変更)

・骨を強化するゾメタ点滴、オキシコンチンを
はじめとした各種痛み止めはこれまで通り



20170227122430e06.jpg
「ゆっくりじわじわと効果が…」




第2章の幕が上がって早4ヶ月、今回は
現在の副作用(ともいえるであろう)
各種症状を記しておきたいと思います。

まずは喜ばしい報告ですが、実はここ最近、
咳止め薬なしでも咳がほとんど出ず(夜もぐっすり)

一時期騒いでいたあちこちの肋骨骨折も
今では嘘のようにすっかり良くなりました◎

しかし、ここ最近の一番のお悩みは、
手足のしびれと右手中指のバネ指…

なかでも寝起きが特にひどく、
「猫の手も借りたい」忙しい朝ほど
「猫耳の手」はまともに使えておりません(南無…)

こういった症状もホルモン治療から来る
更年期障害の一部なのだろう…とネットの
情報のみで一人勝手に納得しておりましたが、

先週の定期通院の診察時、それとなく
主治医のO先生に「しびれ相談」をしてみると、

血液検査の結果から、白血球の数値が基準値より
下回ってきていることが判明、いよいよ
エンドキサンが効いてきたのだろうとのこと…!

「更年期障害なら仕方ない、それだけ治療が
効いているということなのだ…!延命成功中!」と
半ば強引に(?)己の気分を盛り上げる毎日でしたが、

半ばあきらめ気味だった「手足のしびれ」に関して
「エンドキサンの副作用なのでは?」と
予想外の説明を受けた私は、

「もしかしたら、治るのやも…?」と
期待に胸を膨らませました(ニヤニヤ)

…が、ニヤニヤのあまり、更年期障害の
緩和方法や漢方薬について話を聞くのを
すっかり忘れてしまいました(照)



20170227122407535.jpg



…なるほど!

ここ最近の調子の悪さ(手足のしびれ、吐き気、
頭痛など)はエンドキサンのせいだったのか…!

それなら納得できる気がする!!
※あくまで個人の感想です

ふと脳裏に、凶悪な「マスタードガス」の
イメージがよぎりましたが(←都市伝説です)

閉経したらエンドキサンの投薬は中止、

もう少しでひと段落できるはず…!と今は
ますますのんびりゆっくりと過ごしております。

ちなみに先週の通院時から、毎月おなじみの
ゾラデックス注射がなくなりました(オォーー!)

私の体の女性ホルモンの有無は
今週の血液検査にて判明するそうですが、

最近できた左腕の虫刺されが、
なぜかドス黒い痣模様に!!

白血球が少ないと、虫刺されや傷にも
少なからず影響があるのやも…?(疑)


そんなわけで(疑惑の眼差し)
スズメバチやマムシを回避すべく、ここ最近は
山奥の仮スタジオに足を運ぶのはやめて、

自宅にてのんびりと家事や掃除に勤しんだり、
通りすがりの猫に餌をあげたりしております…

…おっと、のんびりしていたら、
気がつけばもうこんな時間!
(ごはんをセットしなければ!)

…話の途中ですみません(お米片手に)
話が前後しますが、また今週の通院も含めて
こちらに治療経過を記録したいと思います。

皆さまもあわてずにぼちぼちと、
今週もマイペースでまいりましょう。

今日も元気をありがとう✡️


どうしたら良いでしょうか

薬の飲み合わせが悪かったのか、
エンドキサンがいよいよ効いてきたのか、

ここ最近、夕飯の時間あたりになると
どうも気分がすぐれず、つい先日も
夕方頃からダウン…(頭痛 & 軽い吐き気)

ボウと息子が買ってきてくれた
美味しそうなアジのお刺身を我慢して、
隣の和室で猫のように丸まっていたところ、

夕飯を食べ終えて、超絶☆元気になった息子が
和室の特設ブース(ターンテーブル置場)と
寝転んだ母ちゃん目がけて猛ダッシュ…!(ヒーーッ!)




20170614161657de6.jpg
「我が家の暴君ガブリエル(gkbr)」




〜〜衝撃と共に薄れゆく記憶〜〜


…思い起こせばこの和室は、ついこの間まで
スピーカー(と夢)がギッシリ詰まっていて、

普段は部屋としてまったく稼働しておらず、
人が立ち入ることもまれになっておりました。

長い間「機材置場」として暗躍しておりましたが、
機材がなくなってみると、作り的にも位置的にも
客間にふさわしい部屋だったことが発覚!(オォーー!)

物を片付け、掃除機をかけ、窓を拭き、障子を貼り…
毎日少しずつ手をかけて、ここ最近ようやく
客間として利用できるまでになったのです…!(感涙)


お客様の来ない平日は「洗濯物干し場」として、
さらに部屋のはじっこに、こっそり臨時特設ブースを開設◎

鬼(息子)の目を盗んでは、レコードに針を乗せたり、
机に向かって漫画を描いたり、おふざけYouTuberに笑ったり…

これまで人目につかず、ひっそりしていた和室は、
2017年春〜「客間」件「私のプライベートルーム」として
新たにリニューアルオープンしていたのです…!




20170614160646fea.jpg
「森DUBの際に臨時オープンしました」




つい先日まで暴君ガブリエル 息子のいる時は、移動式の
スピーカーを用いて和室の扉を固く閉ざしておりましたが、

ある日、厳重に閉ざされた和室の扉を勢いよく
突破した息子は、興奮してきゃーきゃーとはしゃぎながら、

倒れるまでベースギターをかき鳴らしたり、
スリップマットがはみ出るほどターンテーブルを回したり、
アンプやミキサーのスイッチを連続でOn/Offしたり、と

予想以上にやりたい放題!!!(絶句)

ご機嫌な息子を注意することもできず、
ベースギターは居間に運び入れたものの、

現在はまるで自分のプレイルームのように
「客間で」はしゃいだり転がったりしています(南無…)


〜〜和室の回想おしまい〜〜




20170614160646cc4.jpg
「突破されがちなサウンドゲート」




話は冒頭に戻りますが、お腹がいっぱいで
ご機嫌かつ興奮気味に和室へ飛び込んできた息子が
珍しく私に抱っこをせがんできたのですが、

「よいこらせー!」と勢いよく肩に抱っこをして
グルグル回転できゃーきゃーと遊んでいたら、

息子は蛍光灯の紐をしっかりと握りしめて放さず、
なんと…!蛍光灯の紐が切れてしまいました
(現場は騒然)

実は今(6/15現在)も電気がつきっぱなしです。
いったいどうしたらいいでしょうか?


↓【yahoo!知恵袋】にも質問してみました(2017-6-12投稿)
yahoo!蛍光灯の紐が切れてしまいました...




20170614160644e84.png
「グッとくるアンサーはまだありません」




…といったわけで、我が家の客間は
24H電気がつきっぱなしな上、唐突に
「暴君ガブリエル」が表れますが(笑)

客間に泊まりたいという珍しい方がおりましたら
お気軽にご連絡ください(※Wi-Fi飛んでます)

そしてもし同じような経験をした(蛍光灯の紐が切れた)
まれな方がおりましたら、若輩者の私にぜひ
生あたたかいアドバイスをよろしくです。

〜追伸〜
電気は大切にね!
(by 電子ちゃん)

今日も元気をありがとう✡️

プロフィール

猫耳

Author:猫耳
43歳/音楽漬けの専業主婦

平成22年7月に乳がん発覚(当時36歳)
平成23年8月に右胸温存手術を受ける。
平成26年6月に乳がんが再発、
 肺・骨・リンパに転移して
 気づけばステージⅣに…!(余命宣告付)
平成27年7月 ホルモン治療開始
(ノルバ+ゾラ)→経過は超良好♪
平成27年5月 左目に転移発覚(=網膜剥離)
 失明寸前に放射線治療→無事、開眼☆
平成28年2月 ホルモン治療第2部開始
 (エンドキサン+フェマーラ+ゾラ)

------------------------------------------------------

現在はホルモン治療とゾメタ治療、
痛み止めの麻薬各種のおかげで
元気にのんきに暮らしています。
✡️宇宙に大感謝✡

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログの記事
応援ありがとうございます
  
ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。