スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土日は放射線もお休みです


14655364280.jpeg
「私からもお願いします@病院」


ついこないだまで寒い寒いと言っていたのに
気がつけば季節はすっかり夏☆ですが、
画面の向こうの皆さまはいかがお過ごしですか?

こちらは相変わらずなんやかんやとバタバタ続きで
病み上がりの息子が異常に元気だったり、庭の草が再び伸びたり
なかなか記録がおいつきません…(ホットフラッシュな大汗)

ええーーい、ままよ!とチカチカな視界(と息子)のスキをついて
いよいよ今回は放射線治療の様子を記したいと思います。
※これまでのあらすじは「網膜剥離」カテゴリをご覧ください

ちなみに現在のチカチカ嵐は左目の上半分以上ですが、
治療をはじめてから青や赤の光も混じるようになりました。

生活には少し支障があるものの(常に薄暗く左側が見えにくい)
チカチカ嵐の中を光のミミズがふわふわと横切ったりして
ある意味サイケデリックな毎日でございます(ΦωΦ)〜✧

思い起こせば治療をはじめてもう10日…!
ぼやぼやな目とぼやぼやな頭で放射線治療を
再度おさらいしてみたいと思います。


2016061010465069b.png
「放射線スレッドにてスレストッパーに…!(by 539)」



まず目の治療をするにあたって事前に
自分の顔のお面(マスク)を作りました。

正確な位置で放射線をきっちりと浴びせるため、顔に装着した
マスクをベッドの枕部分に毎回しっかりと固定するのですが、
精巧さを求めるとマスクもピッタリでなければいけない…そこで!

  〜自分の覆面(マスク)を作ってみた!〜

 ①患者は放射線機器のベッドに横たわります。

 ②医師達はマスクの材料になる特製のシート(網目状)を
  患者が火傷しない程度に温めます。

 ③顔に温めたシートをそっと被せます。
  (おしぼり療法みたいに気持ちが良い)

 ④シートを頭、顔全体にしっかり密着させて
  顔型を取り、シートが冷めるのを待ちます。

 ⑤シートが冷めて固まったら顔から外します。

 ⑥マスク状になったシートの目の部分に
  (放射線をあてるべく)穴を開けます。

 ⑦再度被ってベッドにマスクを固定→微調整します。
  位置が合えば出来上がり♪(私は2度作りました)


89630173.jpg
「イメージはこれの白メッシュ(?)」


こうして自分の特製マスクが完成し、
後日いよいよ放射線治療がスタート…!

「一番大変なのは毎日の通院と待ち時間です」と
診察時にМ先生から言われておりましたが、

放射線治療は予約制ではないため、通院時間も自分次第で
待ち時間も思った以上に少なく、お会計も含めて毎回
およそ1時間以内に治療が終わります(とてもスピーディー)

治療の流れは「呼ばれたらベッドに寝る」→「マスクを固定する」
→「合図で目を開ける(放射は30秒ぐらい)」→「反対側からも放射」

乳がん患者の皆さまならご存知の方も多いと思いますが、
あの大きな装置が自分の体(顔)を軸にしてグルグルと回転して
ピーーーーーと音を立てながら目に見えぬ放射線を出します。

治療計画によると私の場合は「3Gy × 15回」ですが、
準備が整うと放射線スタッフは被曝を防ぐために
あのブ厚い扉の向こうへ行ってしまいました(→操作ROOMへ)


14655365240.jpeg
「WARNING!!!」


一度の放射線がいったいどれほどの被曝量なのか、
もはやポンコツな私には皆目検討もつきませんが
放射線スタッフの皆さまはいつも明るくとても元気です(大感謝✡)

さらに放射線は痛みもまったくなく、ずっと心配していた痛みの質問は
「レントゲンは痛いですか?」によく似ておりました(照)

痛みもなく、待つこともなく、治療も早い。
これで癌が治るなら本当に素晴らしい!

しかし放射線科のМ先生は、治療中期〜治療後に起こるであろう
一過性の副作用を度々心配しておりました(そりゃそうだ)

先日7回目の治療を終えた今の段階では、生活に
支障をきたすほどの大きな副作用は出ておりませんが、

起き抜けのかすみ目、目ヤニ、乾き、視界のブレ、など
少なからず影響が出始めている様子でございます。

治療の効果も副作用もまだまだこれからですが、
左目もゆっくりぼちぼちと回復できたら幸いです。

そんなわけで「網膜剥離」編、これからも続きます。
少しずつ汗だくな暑い日も増えてまいりましたが(feat.タオル)
あったかなお茶でも飲みつつ、まったりとどうかおひとつ…

今日も元気をありがとう✡


↓最近のお気に入り(心地よくLO効いてます☆)



関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

猫耳

Author:猫耳
43歳/音楽漬けの専業主婦

平成22年7月に乳がん発覚(当時36歳)
平成23年8月に右胸温存手術を受ける。
平成26年6月に乳がんが再発、
 肺・骨・リンパに転移して
 気づけばステージⅣに…!(余命宣告付)
平成27年7月 ホルモン治療開始
(ノルバ+ゾラ)→経過は超良好♪
平成27年5月 左目に転移発覚(=網膜剥離)
 失明寸前に放射線治療→無事、開眼☆
平成28年2月 ホルモン治療第2部開始
 (エンドキサン+フェマーラ+ゾラ)

------------------------------------------------------

現在はホルモン治療とゾメタ治療、
痛み止めの麻薬各種のおかげで
元気にのんきに暮らしています。
✡️宇宙に大感謝✡

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログの記事
応援ありがとうございます
  
ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。